Make your own free website on Tripod.com

如来[NYORAI]





 如来とは仏陀と同じ意味で、これは普通名詞です。ということなので色々な如来がいるわけです。それでは如来の世界をざっとご案内いたしやしょう。

主な如来たち

【釈迦如来】

言わずとしれた、シャカムニです。仏教界のリーダーで、初めに悟りを開いたとして有名なこの釈迦如来。本来ならば悟りをひらいて仏陀となった姿を如来像と呼ぶものですが、釈迦に関しては生まれから修行時代をふくんで如来像というようです。

釈迦だけが持つ様々なポーズ
釈迦の誕生
涅槃図(釈迦の死亡)

 薬師如来

 薬師如来はその名の通り薬壺を持っている。

 阿弥陀如来

 浄土系如来であり、時空を越えた存在である。このようなすぐれた能力を持つためか様々な手の動きが特徴である。だいぶ無理があるが各地にたくさんいる如来である。

 るしゃなぶつ 一般に大仏である。釈迦如来の本当のすがたがこれだとされる。でかい。

 大日如来 大仏であるるしゃなぶつよりでかいもので大仏になおすならば大大仏であるがそれほどでかくはない。

 弥勒如来 これまでのイメージをくつがえし、修行中の菩薩のなかで、如来になることが決まっている弥勒菩薩が如来になった後の姿である。ここまでくるとシンボルを越えて、関数如来である。